2005年11月23日

〜できるかな? 中国語家庭教師編 パート3〜

あんたすごいじゃん、頭いいんじゃんの巻

驚いたもので早くも8ヶ月が経とうしている中国語学習。さすがに毎日とは行かないけれど土日祝日は復習に少し時間を割くほどのしたたかさ。
そして一言。

全く分からん。

未だにシェーシェーとかニーハオのレベルに一本毛が生えた位のレベルで、はて語学とはこんなに難しかったものか。はて以前「お前には語学の才能がある」と友人に言われたのは幻聴か。と哀愁に浸る毎日。

しかしながらよく考えたら毎日日本語で仕事をしていて週に一度、二時間の授業というのはお茶の間留学と同様それ以下か。どうりで授業も先生も良くても上達しないはず。

さて授業の休み時間などはもちろん中国語、質問の内容はわかっても答えられる程の語彙が無いので答えはおのずと、適当になる。どう適当かというと
「いやー僕の妻はイタリアとドイツとアメリカにいてさー、子供は6人くらいかな」とか(すみません根本的に語彙の問題ではなく根本的に適当な人間なのです。。)。驚いたことにしばらく間に受けていたHAOZ(家庭教師)、嘘だと分かったときはまた怒られた。

と言うことで前回、いつものように休み時間適当なことを言っていると
「そういえばあんた30くらいにみえるよね」
「そうそう本当の歳は35歳」
「そういえばあんた27位にみえるよ」
(確かに老けてますが言われるとムカつくのでささやかな仕返し)
「何いってんの私は20歳よ(日本年齢19歳)。」
「はっ?前24歳っていってたじゃん(以前そう聞いていたので)。」
「1986年生まれの20歳」
「えっ?でも大学院生でしょ?」
「そうそう5期生、でも頭がいいから先にすすんでるの。」
「はっ?ちょっ。ちょっ。ちょっ。ちょっと待ってっていうかパスポート見せなよ」
と大人げ無い私。

「本当?」を6回くらいしつこく聞いてやっと事態が飲み込めたと思ってもまだ飲み込めず不信な顔をしていると。。

してやったりと「本当!」と一言。

今までのしょうも無い嘘をついてきた自分がなさけなく、それよりなにより絵に描いたような常人離れした人間が身近にいたのに気づかず。全く納得いかないものです。

すっかりしてやられました。
posted by nobert at 17:42| Comment(3) | TrackBack(0) | 番外編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
がんばってるね、中国語!
しかし中国語は本当に難しいと思うよ、実際。
背の高い私の中国人の友人P、覚えてる?
彼女のダンナさんが今中国語を勉強中よ。
DLI(懐かしいでしょ?!)のフルタイムの学生だから
1年半ぐらいたった現在、ずいぶん
話せるようになったみたいだけど。
今まで勉強した全てのことで中国語学習が一番難しいって言ってた。

それにしてもずいぶんテキトウなこと
話してたのねえ、君!(爆)
Posted by ジプシー at 2005年11月25日 01:37
まじ。相当頭いい人に教えてもらってんじゃん。それでそんな適当な会話してたとなると。。恥ずかしいな。それ。恥ずかしいよ。私は明日から引越しだぜ。車で5分くらいのところに引っ越すだけだけど、ついに今の彼氏と同棲。。プラス前の彼氏は同居人として健在。おもろいべ。
Posted by E子 at 2005年11月27日 13:53
ジプシーさん
こんばんわ、いやはや今日も家庭教師の日だったのですがすっかり高学歴な先生に引き気味な私でした。っていうかもう適当なこともいえないちっちゃい私です。。友人Pさんって接点ありましたっけ?すみません。ちょっと覚えていないです。でもやはり中国語、難しいですね。4000年の歴史を感じます。

E子さん
どもども。本当だよ恥ずかしいよ。どうしようもなく恥ずかしいよ。そうそうブログで見たけど前の彼氏も同居人って面白いよね。それで成り立つのもすごい。
Posted by nobert at 2005年11月27日 21:13
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/9711891

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。