2004年10月03日

老人の旅行先 〜秘蔵スポット〜

コンセルジェ10月号によると

中国内のお年寄りが大連に旅行するにあたりふつふつとの人気がでてきているスポット、そこはホテル型の保養老人施設、大連同泰老年休養サービスセンター。なんせ旅行社のツアーでは5日間150元のところが、そこに宿泊すると500元多く払うだけで25日も多く宿泊できるので、大連旅行をゆっくり、じっくり楽しむことができる。

老人ホームを旅行の宿泊先にするのっていい考えのようなきがしますが日本だとどうなんでしょう? 前みた特集で地方で福祉税かなにかを住民が負担しているようなことをいっていて、それが年々上がっていると聞いたけれど、旅行者(旅行老人)に場所を開放してお金を取ればその負担も軽減するような気がするけれど。そんな簡単なものでもないのかな。
posted by nobert at 10:00| Comment(4) | TrackBack(0) | ニュース観察 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
かかさず読んでるよ〜!このURLを渡邊社長に教えたのは私でーす。先月、初めて新島に波乗りしにいってきました。世界に2つの島にしかない砂浜に感激&撃沈。
Posted by ちは、真田です。 at 2004年10月07日 20:31
どーも!真田さんお久しぶりです。コメントありがとうございます。渡邊社長がまさか読んでくださっているとは思ってもいませんでした。ちょっとビビり気味な私です。
大連は全く波が無い場所ですっかり波乗りから離れてしまいました。日本に帰った時にでもまた是非行きましょ。
Posted by nobert at 2004年10月10日 15:53
こんにちは。私は日本在住の25歳の女性です。
老人施設で介護職員をしています。
今年、大連旅行(フリープラン)ツアーに行きます。このホームページでホテル型の保養老人施設、「大連同泰老年休養サービスセンター」を知り、中国でも先進的な施設であると言われているので、旅行日程の一部に同センターの訪問見学を入れようかと考えています。
もし同センターと連絡可能なホームページか、
e-mail address を知っていたら教えて頂けないでしょうか。 よろしくお願いします。
あなたは旅行会社の方でしょうか?

Posted by 幾田 薫 at 2008年06月15日 00:08
幾田さん

こんにちは。実は私。この記事の存在すら忘れていました(3年前ぐらいだったので)。。という全く役に立たないスタートラインですが、ウェブで調べたら以下のページがありました。

http://www.bfln.cn/yljg/index.asp?id=281
ただ、ウェブでも3年〜4年前の記事はあるのですが、最近の記事は無いようですので、存続しているかは分かりません。

あとは、こういうところもありました。
http://www.jinshitan.jp/index.html

ちゃんとした情報を提供できず、すみません。。
私は日本に帰国した身ですので、Mixiの大連コミュニティーや現役で大連からブログを執筆されている方に聞いてみるといいかも知れませんね。

では。

Posted by nobert at 2008年06月15日 20:08
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。