2006年03月02日

本日の一枚

何故でしょう、中国にいるとどこまで値切りたくなるのは。
圧倒的に値切っておいたほうが得なことが多いのですが、場所をかまわず値引きをする日本人像がこんな一角に。以前、買い物に来たとき値引きをしようとしたら、無言でこれを指差す店員。「掛け値を言うことをお断りしています。」
03050603.jpg

個人的にも古き良き時代の臭いが残る。
港湾広場
03050604.jpg
posted by nobert at 10:00| Comment(4) | TrackBack(1) | 今日の街角 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
今度、その看板が出ているお店で
「これ、安すぎますよ」
「悪いから、私にもっと高く売って下さいよ」
って、クールな顔してサラリと言ってのけ
相手の度肝を抜いてみてください。

- - -
本当にボッタくられたり
どういう扱いをされるかは保証しないけれど
Posted by 石山城 at 2006年03月05日 16:50
これ間違えなく度肝を抜きますよね(笑)。言ってみたいようなそうでないような。それで高くなったらそれまた面白いですね。
Posted by nobert at 2006年03月13日 12:51
でしょ?

だから頼む。
ネタのために人柱になってはくれまいか?(笑)

Posted by 石山城 at 2006年03月14日 01:16
石山さん
了解いたしました。早速やってみようとはおもったのですが中国語がでてこない。。。ちょっと勉強がてらやってみますね。
Posted by nobert at 2006年03月27日 20:07
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

長野県 - 直あど交換所
Excerpt: 地域別お相手検索機能で直あど交換!
Weblog: 長野県 - 直あど交換所
Tracked: 2014-05-01 12:09
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。