2005年02月21日

ある日の出来事。

いつものようにバスに乗っていると。。
いつものように荒い運転、

そしていつものように軽い急ブレーキの時
ふと横を見ると

両手に袋をぶら下げたおばさんが

ゴルゴの



で踏ん張っているのをみて所かまわず爆笑してしまった私。

久しぶりの記事がこんな見てないと笑えない記事ですみませんです。
posted by nobert at 01:21| Comment(5) | TrackBack(0) | 大連ハニー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年02月13日

春節休暇

なんだそりゃ!
と聞こえてきそうですが

春節の為お休みを頂いております。

続きを読む
posted by nobert at 16:53| Comment(3) | TrackBack(0) | 言伝 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年02月07日

本日の反省

実は企画マンとかプランナーという言葉にすごく弱い私。
学生の時も企画書とか書いたり、社会人になっても営業の合間を縫って上司には内緒でかつ 自腹 でセミナーとかに参加しておりました。ブログというのを知ったのもある企画セミナーに参加していた時。

KUBOTATU先生がその人。
http://www.kubotatu.com/
とても身になる為になるセミナーでした。
(上司に内緒だった理由から一度会社に戻らなければいけず、飲み会など参加できずにほとんどお話できなかったことが残念でなりません)。

いつものように久保田先生のブログを見てみると
大連
わぁ!大連!いらっしゃっていたのですね。
そして中身を読んでみるとこれまた、企画のヒントが盛りだくさん。
やはり目の付け所が。。。

正直、ちょっと反省してしまいました。特に水球の記事を書いた後だったもので。

>正月前の商店街の賑わいが13億人の巨大な市場が動き出したのを感じさせる
>写真は広大な携帯販売フロアー

こういう記事を書けるよう頑張らねばと思った大連生活半年の私。
僭越ながらトラックバックさせていただきました。

posted by nobert at 01:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 番外編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年02月05日

マッサージと私。 パート4くらい

水球と私。
お好きな方にはたまらない一枚。

02050501.jpg

注:変なプレイをしているわけではありません。

本日はこれだけが目的で手足情へ。
水球も人によってやり方が違うらしく、以前は何か塗ってその上からだったけれど、
今回は
予告もなしに、地肌にそのまま、ボコ、ボコとつけられる。
痛っ!
そして恐れていた通り、マッサージ師がデジカメの使い方を知らず、起き上がろうとすると
痛っ!(重力に逆らうのはやめましょう)。

そんなこんなでお届けするとほほな一枚、お食事中の方すみません。
笑ってやってください。









posted by nobert at 23:38| Comment(4) | TrackBack(1) | 大連ハニー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年02月04日

食事会

内輪ネタではございますが。

本日の食事会に参加いただいた方。
むぎさんをはじめ、ニャーさん、チキンカレー君、牛タン君、管理人さん、仕事大好き君。
(勝手に即考えたネーミングですんません)。

この場をかりてひとこと

本当にありがとうございました。

本当に久しぶりな食事会(一ヶ月遅れの誕生日会)なるものでしたので、反応にこまりましたが、いやはや感謝感謝です。
posted by nobert at 10:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 言伝 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年02月02日

ダーリアンのどこまでサンフラン

久しぶりに夜テレビなど見てみる。

大連のローカルで英語のニュースを見ていると

深夜のテレビショッピング風に

外人:大連はとても住みやすいよハッハッハッー
   もう第二のサンフランシスコだねハッハッハッー!

私、そっとテレビを消す。

誰か。。。


誰か。。。。誰か! 誰かおらぬかー!曲者じゃー!
第二の香港の次は第二のサンフランシスコか!

そんな私の

〜ダーリアンのどこまでサンフラン?〜
「なんか中国が嫌いみたい」とある日に同僚に言われた私、そんなことございません。突っ込みどころ満載な大連ですが、この外人さんが大連とサンフランシスコを「いかにまちがえたか」を追いその過程で私が愛する大連のすばらしさを伝えるバカ企画であります。

01300506.jpg

第二のサンフランからお届けするトラムと町並み。続きを読む
posted by nobert at 10:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 番外編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。